肌のくすみは油断しないことで対策できる│予防から改善まで

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

水分を与えましょう

化粧水とレディ

専用化粧品を選びましょう

乾燥肌に悩むのは、なにも冬だけではありません。夏の暑い時期にも、エアコンなどでお肌は乾燥しています。そんな乾燥肌の人が気をつけなければいけないのが、基礎化粧品の選び方です。乾燥肌の人は乾燥肌用の基礎化粧品を選ぶことが大切です。乾燥肌用のものには、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、保湿成分が多く含まれています。これらの成分でお肌に潤いを与えてあげることが大切です。しかしながら、夏場は暑く、汗もかくので、乾燥肌用のものが重く感じる人もいるかもしれません。そのような場合でも、化粧水だけは乾燥肌用のものを使用するのがよいでしょう。そして、乳液は普通肌用にしてクリームは省略するなどして、対応するのがベターです。

つけ方がポイントです

乾燥肌の人にとって1番大切なのは、化粧水です。お肌が乾燥しているなら乳液やクリームをつければいいと思いがちですが、違うのです。大切なのは、化粧水でたっぷり水分を与えてあげることなのです。化粧水を手でつける場合、冷たい手でつけるより温かい手でつける方が化粧水の浸透が良くなります。よって、化粧水をつける前に両手をこすり合わせて温めてからつけるようにすると良いでしょう。また、乳液や美容液をつける場合は、化粧水がきちんと肌に浸透してからつけるようにしましょう。すぐにつけてしまうと、肌の上で化粧水と乳液などが混ざり合ってしまいます。化粧水をつけたら、手のひらを肌に当てるなどして、化粧水を肌の奥まで浸透させるようにします。